yupaloma03’s blog

聖書からの黙想などを書いていきたいと思います。

ありがとうございます。明日へ向けてもう寝ます。

「2上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。
3あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に神の内にに隠されているのです。
4あなたがたの命であるキリストが現れるとき、あなたがたも、キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう。
5だから、地上的なもの、すなわち、みだらな行い、不潔な行い、情欲、悪い欲望、および貪欲を捨て去りなさい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。
6これらのことのゆえに、神の怒りは不従順な者たちに下ります。
7あなたがたも、以前このようなことの中にいたときには、それに従って歩んでいました。
8今は、そのすべてを、すなわち、怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉を捨てなさい。
9互いにうそをついてはなりません。古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、
10造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。」
コロサイの信徒への手紙3章2~10節

密室で虐められる日常の中にあり、どうしても相手に怒りが込み上げ、悪い言葉が止まらなくなり、やはり自分は地獄行きなのかという悲惨な思いに駆られていました
相手は密室以外ではそのようなことをしませんので誰かに言っても無駄となって既に長い年月が流れました。
我慢とある程度の抵抗を繰り返しましたが、相手のそうした一部分はそうそう変わるはずもなく、諦めがちな日常も限界となりました。
目まぐるしく変わる相手に合わせなくてはならないので、目まぐるしく赦す、笑顔を向ける、怒る、罵る、笑顔、となり、私は殆ど気がおかしい人です。
世の中このようなものであり、私がおかしいのかもしれないと思う事も生じました。 実際に私にはおかしいところがあります。
傷ついているかどうかも確認出来ないまま、立ち直る事で、ますます気がおかしくなるばかりと感じました。
み言葉に照らしてみては、「休んで自分を癒すために音楽を聴いたのがいけなかったのでしょうか神様。 私は余計なことをしていませんでしたか。 貪欲だったのでしょうか?怒りが消えません。限界です。何がなんだか分かりません。」そう思い乱れて苦しんでいました。
しかし、もう限界だ、殺されてしまうと怒りながらこのようなみ言葉を読んでいましたら、あることに気が付きました。
「あ、私はもう死んでいたのだ」ということです。
うそはいけません。 私はとても傷ついていて、可哀想だと思う必要がありました。
うそはいけません。 密室虐めを正当化したらつじつまが合わないことをどんどん飲み込むようになり、気がおかしくなって破綻します。
しかし、もう死んでいたのなら、このような怒りや罵る言葉は死体と共に私から消えたのです。
相手に殺されるのではなくてキリストによって既に死んでいたのです。
キリストの十字架の死にあずかるとは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないという意味でした。
肉の思いもろとも自らの罪を滅ぼすことでした。
このようなみ言葉に従うことは不可能だと思いました。
しかし、自分が傷ついていて、可哀想だと思う事の次には、
相手のやり方とではなくて、神様と対話したいと思いました。
短時間で支離滅裂に立ち直るのではなく、神様の摂理に従って立ち直ることを得ました。
感謝いたします。
その先は神様の摂理が教えてくださると信じて短時間のうちにもう寝ます。明日へ向けて。
ありがとうございます。